育児日記EmiriSystemは、日記を通じた家族の思い出の保管場所です。 9歳と16歳(2017現在)の二人の娘のEmiriパパが2001年から個人で開発運営しています。 どなたでも簡単に育児日記がはじめられます。他のブログにはない育児日記ならではの工夫を満載しています。多くの機能は無料でご利用いただけます。EmiriSystemは、サポート会員の皆様に支えられている個人運営サイトです。2010年EmiriSystemはMashupAward6にて最優秀賞をいただきました。

育児日記EmiriSystemは、骨髄バンクドナー登録推奨活動治療経過の共有サイトの運営もしています。 その経緯ははこちらをご覧ください。

スマホアプリのリリースに寄せて
2017年11月、EmiriSystemはスマホのアプリをリリースしました(iPhone版はAppleにて審査中)。育児日記のEmiriSystemはどちらかというと一眼レフカメラで写真を撮ってこまめに日記をつけるパワーユーザのパパさんママさん向け日記システムでした。実際Emiriパパも一眼カメラ(ミラーレスですが)にこだわりながら16年間1日も絶やさず日記を付けづづけるというハードユーザを通して来ました。一方、すっかりスマホ中心になったEmiriママさんは写真はスマホで撮るし日記を見るのもつけるのものスマホがいいということで、アプリの開発をせがまれていました。今のほとんどのパパさんママさんのニーズも同様だったと思います。ひとへにアプリの投入が遅れたのはEmiriパパの開発にかけられる時間でしたが、カメのようにゆっくりとではありますがこの度やっと公開できるアプリが完成したという次第です。そして自分で使ってみて、うーむこれはいいな、と今更ながら思っているところです。もっと早くに開発するべきでした。というわけでEmiriSystem初の本格アプリリEmiriTouchリリースです。

Emiriのこと

このシステムの開発のきっかけとなったEmiriちゃんは16歳になりまして立派に高校生やっています。長くお使いのユーザの方はご存知かと思いますが2012年、Emiriが10歳の時に重い病気になってしまってつらく苦しい日々を送りました(その時のことは劇症肝炎再生不良貧血に詳しく書いております。またその経緯から骨髄バンク登録のお願いをしております)。そして長かった闘病生活はEmiriから髪を奪ってしまいました。免疫抑制剤の投与は三年間も継続しました。今もときどき外来診察にいきます。それでも16歳になったEmiriは制服を着てウィッグをつけて颯爽と通学しています。今行っている高校も自分で見つけて来て勉強して入試を受けてそして入学しました。先日は体育の授業で持久走があったとかで小学校の四年生以来実に五年ぶりに走ったら2kmも走れたと喜んでおりました。走れるという事が嬉しいそうです。
闘病中、特に再生不良貧血のときには多くの方々に輸血という形で命を助けてもらいました。髪をなくしてからは善意のウィッグを寄付していただきました。超高額な医療費も社会保険という形で援助してもらいました。そうやって人はたくさんの人から支えられているのだということを初めて知りました。Emiri家もできればこういった善意に少しづつ恩返しして行きたいと思っています。先日は妹Yurariが生まれてからずっと伸ばしていた髪を切って逆にヘアドネーションに寄付しました。そしてこのEmiriの名前がついたEmiriパパお手製の日記システムEmiriSystemもその一つと考えております。育児日記ではりますが、楽しい時もつらい時も後から見返して愛おしく思える日記シスムを目指しています。あまり知られていませんが病気になった時などのデータも克明に残す機能を備えています(同じ病気になってしまった人の参考のためにこちらにはEmiriの治療経過を詳細に公開しています)。
なぜ人は日記をつけるのしょうか。少なくともEmiri家のこの16年間の日記は家族に大いなる力をくれるものでした。2012年から2013年の一番辛かった時の日記は今でもトラウマで読み返すことができません。でもいつかEmiriやYurariが大きくなった時にあのころのお父さんお母さんは頑張っていたなーという懐かしい記録になっているのではないかと思っています。長くつける日記はすばらしいです(特に動画)。生きている証を身をもって体験したEmiri家が送るEmiriSystemで是非日記を始めることをお薦めします。EmiriSystemのユーザの方で日記にまつわるエピソードやオススメの言葉をいただけるようでしたら、是非ともmitaro2000@gmail.comにお寄せください。よろしくお願いします。

Emiriパパ

Calendar - Diary - Album
毎日つけた日記は写真カレンダーに整理されます。子供の成長がよくわかりますよ。 時間を遡ってカレンダーをめくり始めるとやめられなくなります。時々夫婦ではまってしまいます。 「一年前の今日」というリンクをたどるのも楽しみです。 毎日の日記には複数枚の写真や動画をつけることができます。これは毎日のアルバムになります。
厳選されたフレーバ
ブログでは一般にスキンとかデザインテンプレートとか呼ばれているものですが、EmiriSystemではフレーバと呼んでいます。EmiriSystemのフレーバは 厳選したというか、Emiriパパが手作りしていますのでせいぜい数種類しかありません。単に色合いがかわるような違いではなくてフレーバによって 機能ごとかわったりします。いろいろ試してみてください。最近の皆さんのお気に入りはフェミニンハートフレーバですね。Emiriパパのデザインの変遷もわかります。

動画で見てみてよう(約2分)
すべてのフレーバを見る
CD,PDF,MT,ePubなど様々な保存方法
育児日記は長い年月をかけて利用したいものです。 でももし日記のサービスが終わってしまったら将来育児日記を見ることができないのでしょうか。EmiriSystemでは インターネットで見ているのとそっくりそのままの状態をCDに焼き付けて保存できる機能があります。例えば誕生日を 迎えるたびにCDに焼いておくと保存にもいいですし祖父母へのプレゼントにもできます。 一般のブログと違ってデータを バックアップするのではなく、見ているままにCDに保存します。もちろんムービーも一緒に収まります。
書きためた日記はCDに保存するだけでなくPDF形式に出力して印刷すれば紙の日記帳としても保存できます。画面で見るばかりでなくて 紙であらためてみるのもよいものです。さらには、EmiriSystemではブログの標準データ形式であるMT形式の読み込み書き出しにも対応しています。 MT形式で書き出せば他のブログへの引っ越しも簡単にできますし、バックアップ、さらにはMT形式からの製本(他社提供)の 利用なども可能です。
育児日記を長く保存しておくためにいろいろな工夫をしています。
メッセージ、お友達、掲示板など
SNSほどではありませんが、必要最小限のコミュニケーション機能を持っています。お友達登録を行えばアクセスコントロールをスキップしたり日記の更新を通知できます。また日記へのメッセージ機能や日記毎の簡易な掲示板を開設することもできます。
いずれにしろ育児日記はSNSのようなコミュニケーションのツールではなく、あくまで個人の記録/記念のための大切な保存場所と考えております。
育児日記ならではのアクセスコントロール
EmiriSystemは、非公開が原則の育児日記です。アクセスキーを設定しておじいちゃんおばあちゃん、一部の親しいお友達に日記を公開しましょう。 アクセスキーを知らない人の閲覧はお断りです。 一方で、EmiriSystemでは育児日記仲間で簡単に「お友達リンク」の設定ができます。お友達リンクさらには兄弟リンクとアクセスキー、ワンタイムパスワード などを使ってアクセス権を頑丈に時には柔軟に設定できます。 子供の成長を見てほしいけど誰でも見てほしい訳ではないという育児日記ならではご希望をできるだけかなえます。
その他、動画対応、RicohTheat対応など
もちろん動画のアップロードにも対応しています。iPhoneやiPadで見たときもちゃんと動画は再生されます。さらにRicohTheatのような全天球カメラの画像にも対応しています。家族の新らしい写真の残し方を積極的に導入していきます。

Recoh Theatについて詳しくはこちらをご覧ください


Ricoh Theatによる全天球写真。これをEmiriSystemでみるとこちら。

EmiriSystem公式データ

お友達数:3965
サポータ数:191
日記のべ日数:251万
写真数:927万
動画数:30万
メッセージ数:22万
お友達リンク数:3494
1日のPV:18413
iPodからの総PV:1187万
お天気情報共有回数:25万
アジア:2666
アフリカ:1
ヨーロッパ:37
北アメリカ:61
南アメリカ:1
オセアニア:6
未登録:1193
北海道地方:73
東北地方:74
関東地方:1683
信越・北陸地方:60
東海地方:311
近畿地方:377
中国地方:79
四国地方:46
九州地方:122
南西諸島地方:28
未登録:1577

詳しくはこちら

新規登録から7日間はサポート会員相当の特典がご利用いただけます。EmiriSystemですばらしい育児日記ライフを始めましょう。

Google AdSenseによるPR